ミスターマックス ひんやり敷パッド

【ミスターマックス COOL敷きパッド 1,097円】

この商品の一番の特徴は、「安い」ということです。そして「安くてもキチンと使える」ことは重要です。この商品は基本的な部分をキチンと組み込んでいて、最低スペックを遵守した商品だと感じます。

表生地は、ナイロンとポリエステルの90g/㎡と、かなり薄い生地です。「ひんやり感」は感じにくいのでエアコン環境で使用することをおすすめします。薄っすらとストライプ調のデザインになっていて、見た目の質感を高めています。

中ワタは、50g/㎡と最低限の量といえます。ベッドや敷布団自体がクッション性をもっていますから、それに頼ったスペックといえます。私が設計した998円も同様の発想でした。その代わりに守るべきことを遵守して作られており、表面側にも裏面側にも「中わた吹出し防止不織布」がキチンと入っています。安心のスペックです。

リバーシブル裏面はタオル地のシンカーパイルです。この価格でリバーシブルなのは驚きです。目付は90g/㎡と低く初めて見る目付です。しかし、前述の通り「中わた吹出し防止不織布」も入っており、キチンと使える商品です。デザインもストライプ柄で、見た目の雰囲気はとても良いと感じます。

ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムのブルーです。強化ゴムに比べて固定力は弱いですが、切れてしまうわけではありません。厚みのあるベッドマットレスに使用するには固定力が弱いかもしれません。

この商品はとにかく「安い」ことが最大の特徴です。そして、そのうえリバーシブルです。またキチンとした「中わた吹出し防止不織布」の処理もされており、安心してお使いになれます。デザインは評価の対象ではありませんが、見た目の雰囲気も好感が持てます。

【ミスターマックス COOL敷パッド 2,197円】

この商品の一番の特徴は、表生地の「ひんやり感」にあります。またブライト糸を使った生地なので見た目に高級感があります。リバーシブルなので早い時期からも使い始めることができます。

表生地は、ナイロン100%の200g/㎡です。接触冷感値が高く出やすい組成で、かつ生地が厚めです。これは当然「ひんやり感」は強めになります。生地表面のストライプに高級感があります。

中ワタは、110g/㎡と少なめです。夏場ではこの量のクッション性でも十分という方も多いでしょう。機能ワタは使われておりません。

リバーシブル裏面のタオル地は120g/㎡と少ししっかりとした厚みを感じられます。パイルに50%のレーヨンが使われており、滑らかさを感じられます。

ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムのブルーです。強化ゴムに比べて固定力が弱いですが、長さは十分あります。厚みのあるベッドマットレスにも取り付けはできると思います。

この商品は、表生地の「ひんやり感」が特徴的です。目付も十分あり当然のようにひんやり感があります。またブライト糸が部分的に使われていて高級感のある見た目も特徴的です。キルトの形状と合わさってカッコいい系に仕上がっています。

【ミスターマックス COOL敷パッド 3,297円】

この商品の一番の特徴は、表生地の「ひんやり感」と伸縮する生地の「もちもち感」です。ひんやりもちもち生地は身体への接触面も増えるので、ひんやり感を感じやすいと思います。またこの価格帯になると一気に機能が増え、「消臭」や「抗菌」で安心感もあります。

表生地は、ナイロンとポリウレタンの180g/㎡です。接触冷感値が出やすい生地なので、接触冷感値を2,197円と揃えるために生地目付を調整していると思われます。「約1.5倍冷たい強冷感」という言葉で冷感は2,197円と統一されています。表生地の表面はストーンウォッシュ調のイメージになっており、キルトの形状もカジュアルなのこの商品もカッコいい系の仕上がりです。

中ワタは、160g/㎡と少し多めです。機能ワタが30%使われており、中ワタの機能は多彩です。消臭ワタはこの時期にはうれしいですね。また抗菌防臭は表生地ではなく中ワタの機能となっているのも特徴的です。

リバーシブル裏面のタオル地は、しっかりとした厚みの130g/㎡です。この厚みになると、タオル地面も是非使って欲しいですよね。パイルの組成もレーヨン50%、綿18%と肌触りに気を遣ったスペックです。裏面もしっかりとした使い心地ですね。

ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムのグレーです。強化ゴムに比べて固定力が弱いですが、長さは十分あります。厚みのあるベッドマットレスにも取り付けはできると思います。

この商品は表生地の「ひんやりもちもち感」が特徴の商品ですが、裏面のタオル地もしっかりしたタオル地で肌触りもいいです。どちらの面も使って欲しい商品といえます。中わたにも「消臭」「抗菌」「吸放湿」と機能があり、機能性も売りの商品といえるでしょう。

【ミスターマックスひんやり敷パッドの総評】

2,197円と3,297円はどちらも強冷感に位置付けされていて、ひんやり感は大きな違いはありません。しかし、3,297円はひんやりもちもち生地で、機能が一気に増えてきます。3商品の価格の階段と品質の階段が明確でわかりやすいと感じました。一方、採点とは関係ありませんが、商品の生地柄とキルトの組み合わせがすべてカジュアルな雰囲気のデザインに統一されており、客層が若いというのが商品から伝わります。組み合わせや生地のチョイスからデザイン性が高いと感じました。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です