2021年ひんやり敷パッドの最終順位確定

ひんやり敷パッドの15社分44商品すべての調査が終了しました。

最強商品ランキング、コスパ最高ランキング、絶対冷感ランキングがすべて更新され確定状態になりました。

流石にお金も使い過ぎましたし、作業も過酷で気持ちが悪くなりました。

今はもう「お買い物のお役に立てれば幸いです。」としか思えない感無量です。

NANIKAUストアオープン!

NANIKAUストアYahoo!ショッピング店が6月4日にオープンいたしました。

NANIKAUストアは、寝具・インテリアが中心のネットショップです。

NANIKAUストアの特徴は2つです。

①商品知識や商品情報を掲載して買い物のお手伝いをする。

②NANIKAUだけのプライベートブランド商品を販売する。

どうやって商品を選んだらよいか、本来はネットショップの販促情報を掲載する部分に、「NANIKAUナビ」として商品説明を掲載し、買い物のお手伝いをしていきたいと考えております。「NANIKAUナビ」で不足する情報は、当サイトである「NANIKAUネット」で調べられるようにしていきます。
NANIKAUネットでは現在特集している商品比較以外に、商品の買い方、選び方を説明するコンテンツを作っていきたいと考えております。

少し先になりますが、「みんなで作る商品開発」のコンテンツも検討しており、このNANIKAUネット上で意見を募って商品を作り、NANIKAUストアで販売するという企画も行ってまいります。

そうすることで、NANIKAUストアとNANIKAUネットを相互にご利用頂く仕組みを作ってまいります。

NANIKAUネットに続き、NANIKAUストアもどうぞよろしくお願いいたします。

導入設備による再試験で評価内容を変更しました。

熱源の温度が0.1℃単位で調整できる設備を導入したことで試験の正確性が向上しました。

これにともない、試験内容の調整を行いました。

また、冷感回復性はスペックの低い薄い冷感生地ほど回復が早い結果がでるようになっていたため、評価内容から冷感回復性を削除しました。

これにより評価項目は「ひんやり感」「冷感持続性」「蒸れにくさ」「機能性」「寝心地」となりました。

こうした評価項目の変更と、これまでより精度の高い検査方法への変更で、商品の得点と順位に変動がでました。

また、試験精度が高まったこともあり、ランキング除外としていた企業の商品もランキングに含めることとしました。同じ試験方法を機械的に行っているので一定の公平性は確保できており、参考に買い物される方には、より有意義な情報発信になると考えました。

新しい情報がまとまり次第発信していきます。

ひんやり敷パッドの一次分解検査終了

ここまで15社の44種類のひんやり敷パッドを分解してきました。

器具代を除いて、商品代金だけで110,907円の商品を分解しました。

そうです。分解したのでもう使えません。

是非、ブログを読んだ皆さんのお買い物の参考にして頂きたいです。

さて、当初より簡易設備での検査を行ってまいりましたが、注文していた熱源機が届きました。0.1℃単位での温度誤差も設定温度に自動修正されるので、検査の頼もしい道具になります。

これからこのブログは再検査期間に入ります。

最終順位は注文していた熱源機を使った再試験を行った後に、一気に掲載していきたいと思います。

しばらく、お待ちください。

ロイヤルホームセンター ひんやり敷パッド

【ロイヤルホームセンター ひんやり接触冷感敷きパッド 1,089円】

この商品の一番の特徴は、「安さ」にあります。ただ、この価格帯の中では中ワタ量は多いといえます。エアコン環境があれば使用感はまずまずかもしれません。

表生地は、ポリエステルとナイロンの130g/㎡です。薄めの生地で「ひんやり感」はかなり弱めになります。ブルーの色とキルトの形状が海のようなイメージで見た目がさわやかです。キルトは中ワタの量を活かした狭幅にしてポコポコ感をだしています。

中ワタは160g/㎡と平均的な量です。この価格帯の商品としては断トツに多いです。このワタ量であれば、夏場のクッション性としては十分ではないでしょうか。右下の写真の通り、キルトに合わせてモコモコしています。

裏地は白の平織で片面仕様になります。ヘムはトリコットです。バンドは白の普通ゴムで若干短めです。厚みがあるベッドマットレスには厳しいかもしれません。

この商品はとにかく「安い」ことが特徴ですが、中ワタ量がこの価格帯としては断トツに多いので、見た目がしっかりしています。エアコン環境で使用するのであれば使用感はいいのではないでしょうか。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

ジョイフル本田 ひんやり敷パッド

【ジョイフル本田 D’s collection COOL SLEEPER 接触冷感もちもち敷パッド 2,178円】

この商品の一番の特徴は、表面の強めの「ひんやり感」と伸縮する「もちもち生地」にあります。ひんやりもちもちなので、柔らかいタイプを好まれる方におすすめです。リバーシブルの裏面がニットワッフルなのも特徴的です。

表生地は、ナイロンとポリウレタンでできた165g/㎡です。このタイプのこの目付の商品が今期はとても多いですね。伸縮するもちもち生地の厚みはこの程度がもちもちしやすくなります。ひんやり感も十分でるので適した厚みといえます。このポリウレタンの入った生地は伸縮による引き締め効果で接触冷感値(Q‐max値)が高く出やすい傾向があります。それにしてもQ‐max値0.49(JISではない従来のQ-TEC法の数字かな)は大当たりの試験結果が出ましたね。

中ワタは、平均的な量といえる150g/㎡です。夏場はこの量で十分といえるでしょう。

リバーシブル裏面はニットワッフルです。組成はポリエステル100%ですが、120g/㎡と少ししっかりした厚みがあるのでサラッとした使用感があります。

ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムより固定力の強い強化ゴムですが、長さが少し短いようです。厚みのあるベッドマットレスは少し厳しいかもしれません。

この商品は、ひんやりもちもち生地が特徴的な商品です。柔らかめが好きな方におすすめですね。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

カインズ ひんやり敷パッド

【カインズ 洗ってもすぐ乾く 消臭 ひんやり敷パッド 980円】

この商品の一番の特徴は「安い」ことです。しかし、この商品は安いだけじゃないです。「消臭」「吸汗速乾」の機能もあります。この価格でこの機能はただ事じゃないです。

表生地は冷感ポリエステル100%の120g/㎡です。ひんやり感は感じにくいのでエアコン環境でのご使用をおすすめします。とはいえ、同じ価格帯のなかでは厚みのある生地です。消臭加工した部位の表記はありませんが、消臭機能は表生地への加工でしょう。また「吸汗速乾」も表生地への薬剤加工だと思われます。

キルトは超音波キルトです。わた量が多いと難しいのでマルチカバーなどによく使われる技法です。糸がないので引っ掛かりにくいという特徴があります。

中ワタは、80g/㎡とかなり少なめです。しかしこの価格帯ではしっかり入っている方です。夏場ではこのクッション性でも十分という方もいらっしゃるでしょう。

裏地は白の平織生地です。へムはトリコットです。バンドは普通ゴムより固定力の強い強化ゴムの白です。ハッキリいってこの価格帯で強化ゴムを使ってくれているのは、他にはサンキの1,098円ぐらいしか見当たりません。立派です。お客様は喜びますね。

この商品は「安い」ことが一番の特徴ですが、キチンとした機能とスペックを兼ね備えていることが素晴らしいです。この価格帯では品質が抜きんでていると感じます。

【カインズ Pitapa 敷くだけ簡単 ズレにくい ゴムなし もっとひんやり持続消臭敷パッド 2,980円】

この商品の一番の特徴は、バンドがなく裏面の滑り止めだけで使用できる着脱の便利さです。ここ最近の新しい技術ですが、その中でもカインズが先行している技術です。ほとんどのベッドが壁際にあることから、壁側のバンドの着脱から解放されるのはかなり家事を助ける筈です。またNANIKAU基準では採点に含まれませんし、個人によって好みはあるかとは思いますが、見た目のカッコよさはトップクラスでしょう。

一方、商品名には気を付ける必要があります。どこで切れるかによって読み取れる意味がかわってきますが、この商品には冷感持続性はあるとはいえないと思います。

表生地は、生地目付は205g/㎡と厚めの生地です。ただ冷感よりもデザインや触り心地を重視したのかもしれませんが、ひんやり感は少し弱めレベルでした。万人受けするひんやりレベルかもしれませんね。性能とは関係ありませんが、生地の値段はかなり高いと思います。

中ワタは90g/㎡とかなり少なめです。中ワタからのクッション性は弱いですが、その分、裏面の3Dメッシュがかなりの肉厚なのでクッション性を補っています。

裏地は、滑り止め加工された3Dメッシュです。カインズ、ニトリがいち早く取り入れていった技術ですが、このPitapaはかなり滑り止め効果が高いです。相手側が平生地でなくても滑り止め効果が十分あります。3Dメッシュ生地は寝具に多く使われる生地ですが、相手側も同じ3Dメッシュで試しても滑り止め効果は十分でした。見た目とこの滑り止めだけでも買う価値がありますね。洗濯時のベッドからの着脱が楽なので洗濯回数が増えるかもしれません。

親切なのは、これだけ目付の高い表生地、裏生地を使っているにもかかわらず、「中わた吹出し防止不織布」は表にも裏にも使っています。洗濯に強い商品にしているといえます。コンセプトに一貫性があります。

ヘムは表生地に色を合わせたトリコットです。

この商品は、NANIKAU基準の採点評価とはコンセプトが異なる商品です。ひんやりを追求しているというよりは、万人受けするひんやり感にしたうえで、便利さを追求しています。家事が楽になることを考える方にはおすすめの商品です。

【カインズ ULTRA DEOCOOL シャリっとした肌触り もっとひんやり持続消臭敷パッド 2,980円】

この商品の一番の特徴は、内部にハニカム構造を使っていることです。このハニカム構造によってクッション性を持たせつつ、通気性も高めています。また、表生地はPitapaと同じですが、この商品はリバーシブルになっているのも特徴です。

一方、商品名には気を付ける必要があります。どこで切れるかによって読み取れる意味がかわってきますが、この商品には冷感持続性はあるとはいえないと思います。

表生地は、生地目付は205g/㎡と厚めの生地です。ただ冷感よりもデザインや肌触りを重視したのかもしれませんが、ひんやり感は少し弱めのレベルでした。万人受けするひんやりレベルかもしれませんね。性能とは関係ありませんが、生地の値段はかなり高いと思います。

中の構造は、機能わたとハニカムの組み合わせになっています。ハニカムは人によって呼び方の違いはありますが、裏地に使う3Dメッシュと同じものを中に使っているというものです。ここでは130g/㎡になりますが、厚みは4mmあります。この4mmが空気層を作ってくれるので蒸れを低減できます。機能わたは「吸放湿」わたで、これも蒸れの低減をしてくれます。

リバーシブル裏面は、ポリエステル100%のニットワッフルで85g/㎡と最低限レベルの厚みになっています。ニットワッフルは凹凸感のある生地で、接地面を減らしてサラッとさせる生地になります。

ヘムは冷感面と色を合わせたトリコットです。バンドは普通ゴムより固定力の強い強化ゴムのグレーです。長さも十分なので厚みのあるベッドマットレスも問題なくいけます。

この商品は、中のハニカム構造によって通気性とクッション性を高めていることに特徴があります。ここに「消臭」「抗菌防臭」「吸汗速乾」などの夏場にうれしい機能がついています。

【カインズ ULTRA DEOCOOL 通気性に優れたもっとひんやり持続消臭敷パッド 3,980円】

この商品の一番の特徴は、極厚の二層生地による冷感持続性にあります。ひんやり感も実際はかなりのレベルの筈ですが、表面の変形ニットによって接地面が減ることで極端な冷感を感じにくい構造になっています。これは検査ではよい数字を出せないですが、実質は最強の生地です。この商品は最強の冷感生地の特徴を、最大限に活かした片面特化型のひんやり敷パッドで、ひんやり重視の方におすすめの逸品です。

表生地は、上層がポリエチレン、下層がレーヨンの二層構造の250g/㎡極厚生地です。今期見た中で群を抜いて最強の冷感生地です。なかなかお目にかからないレベルで、組成も王道中の王道の生地でしょう。ひんやり好きにはたまらない冷感生地です。もうこのレベルだと工夫がどうこうではなく、生地の厚みが凄いので熱の吸収量も凄いですよね。

ニット生地がが穴あきの変形ニットになっていて、表生地も接地面を減らして通気性を高める工夫があります。冷感値の数字だけ追いかけている商品は逆に接地面を増やしてしまうので、このレベルの使用感に達することはできないでしょう。使用感の本質を追求している素晴らしい発想といえます。

内部構造は簡単です。ハニカムメッシュのみ。200g/㎡で厚み5mmと結構な厚みです。この5mmすべてが空気層です。

裏地も3Dメッシュです。170g/㎡とかなり肉厚です。これも空気層です。つまり、この敷パッドは超極厚の空気層の上にある極厚冷感生地の上で寝るという商品なのです。これはひとつのゴールに達した商品なのではないでしょうか。2019年夏に私も中にハニカム、裏地に3Dメッシュの構造の商品を作りましたが、この時は一番上に機能ワタを入れました。この商品はワタすらないという突き抜けた商品といえます。本当に面白いですね。

ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムに比べて固定力の強い強化ゴムのグレーです。長さも十分あり厚みのあるベッドマットレスも対応できます。

この商品は、空気の上で寝る強冷感敷パッドです。表生地は最強レベルですから、ひとつのゴールに達している商品です。片面特化型の商品としては傑作のひとつではないでしょうか。

【カインズ ULTRA DEOCOOL 除湿に優れたもっとひんやり持続消臭敷パッド 3,980円】

この商品の一番の特徴は、ひんやり敷パッドと除湿シートが合体していることです。シリカゲル除湿シートが内部に組み込まれ、除湿キャパ確認センサーが上部にあって、干さなければならないかどうかが見た目でチェックできるようになっている。まさに除湿に特化した商品といえます。

表生地は、ポリエチレン、ナイロン、レーヨンでできた230g/㎡のかなり厚めの生地です。この目付なので当然ひんやり感も強めです。

内部は、ワタと除湿シートでできています。中ワタは80g/㎡とかなり少なめです。ワタの下にある白いシートが除湿シートになります。寝汗などによる湿気を吸湿してくれます。ただ、当然吸湿できる水分量に限界があるため、外に干して乾燥させる必要があります。

干し時かどうかはセンサーの色で判別できるようになっています。数年前に特許が切れたと記憶しています。このことで各社が好きな使い方を始めるようになってきています。

裏地は3Dメッシュの110g/㎡です。通気性を高める工夫といえます。

ヘムはトリコットです。バンドは普通ゴムより固定力の強い強化ゴムのグレーです。長さも十分あり、厚みのあるベッドマットレスにも対応しています。

この商品は、敷パッドと除湿シートを合体させた商品です。除湿に重点を置いて考える方に向けた商品といえます。若干かための仕上がりの強冷感敷パッドです。

【カインズひんやり敷パッドの総評】

980円、2,980円、3,980円という品揃えになっています。2,980円と3,980円は個性の強い商品が多く、機能で選んで購入できるのではないかなと思います。中でもおすすめなのは、裏面滑り止め加工のPitapa2,980円と、片面特化型の3,980円です。家事楽をとるか、片面特化型のひんやり商品をとるか悩むところですね。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

コーナン ひんやり敷パッド

【コーナン COOL冷感敷パッド 1,078円】

この商品の一番の特徴は、とにかく「安い」ことです。

表生地は、ポリエステルとナイロンでできた冷感生地で100g/㎡とかなり薄めの生地です。ひんやり感は感じにくいため、エアコン環境でのご使用をおすすめします。

中ワタは、最低限レベルの70g/㎡です。この価格帯では一般的なレベルといえます。夏場ではかためを好まれる方もいらっしゃるでしょう。

裏地は白の平織生地です。ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは白の普通ゴムです。強化ゴムに比べて固定力は弱いですが切れてしまうわけではありません。厚みのあるベッドマットレスには厳しいかもしれません。

この商品はとにかく「安い」ことが特徴の商品です。他社への価格対応などで扱うことになる価格帯です。1,078円で売るためのスペックといえます。

【コーナン COOL SUPERモッチやわ冷感敷パッド 2,178円】

この商品の一番の特徴は、表生地の強めの「ひんやり感」と「もちもち感」にあります。ひんやりもちもち生地に「制菌防臭」加工もされていて安心感もあります。

表生地は、ナイロンとポリウレタンの「ひんやりもちもち生地」で170g/㎡です。生地の厚みは一般的ですが、伸縮生地のもちもち感を活かすのに適した厚みといえるでしょう。抗菌防臭加工よりも効果の高い「制菌防臭」加工がされていて安心です。ストライプ模様に高級感があります。表生地は1,097円からスペックがジャンプアップですね。

中ワタは150g/㎡と平均的なレベルの量です。この量で十分でしょう。

リバーシブル裏面は、ポリエステルのニットワッフルで85g/㎡です。最低限レベルの厚みといえます。ニットワッフルは生地の凹凸感でサラッとさせることが目的の生地です。

ヘムは、裏地と同じニットワッフルを使用。バンドは普通ゴムに比べて固定力が強い強化ゴムの白です。長さが若干短めです。

この商品は、冷感面の「ひんやりもちもち」が一番の売りといえます。また「ひんやりもちもち」生地には「制菌防臭」加工もされていて安心です。リバーシブルではありますが、冷感面がおすすめの商品といえます。

【コーナン モッチやわ防ダニ+4大消臭冷感敷パッド 3,278円】

この商品の一番の特徴は、「ひんやりもちもち」です。これは「ひんやりもちもち」で突き抜けたスペックの商品といえます。正直言って驚きのスペックで、採点表で突き抜けていることがわかると思います。私の発想にはない「面白い」商品で、天晴と言いたくなる素晴らしい商品です。機能も充実していて、おすすめの逸品です。

表生地は、ナイロンとポリウレタンのひんやりもちもち生地で160g/㎡です。もちもち感を出すために最適な生地の厚みといえるでしょう。この厚みだとひんやり感は少し強めというレベルで、万人受けするひんやり感ではないでしょうか。キルト形状もわた量が多いことを活かすためのウェーブ型です。機能面では「抗菌防臭」よりも効果が上の「制菌防臭」加工を付けています。安心ですね。

中ワタは、物凄い量で320g/㎡です。まず、機能ワタから触れると、「4大消臭」「防ダニ」の機能ワタが使われています。「4大消臭」はかなり効果の高い消臭力です。

次に表生地のもちもち感の特徴を活かすために「マイクロわた」が使われています。これは繊維が細く肌触りがともても柔らかい感触になりますが、一方でボリュームが出にくい繊維です。が、物凄いボリュームです。突き抜けてます。ハッキリ言ってハサミで切るときにまっすぐ切りにくかったんですよね。「マジか」と言いながら切りました。

リバーシブル裏面は、タオル地のシンカーパイルです。目付は140g/㎡でかなりのボリュームです。こちらの面も実はおすすめですね。パイルには「吸水速乾」加工もされていて、サラッとした使用感になる工夫をしています。

ヘムはトリコットです。バンドは普通ゴムより固定力の強い強化ゴムの白です。長さは若干短めです。

この商品は、「ひんやりもちもち」特化型と言いたいところですが、リバーシブル裏面のタオル地もしっかりボリュームがある商品です。機能面でも表生地の「制菌防臭」、中わたの「4大消臭」「防ダニ」、タオル地パイルの「吸水速乾」など、十分すぎる機能を搭載しています。エアコンを何度設定にするかというのもありますが、「柔らかい使用感」を好むならば、この商品が答えです、といえます。

【コーナン 防ダニ+4大消臭長持ち強冷感敷パッド 4,378円】

この商品の一番の特徴は、「冷感持続性」です。冷感持続性については、先に評価したイオンのアイスコールド敷パッドと技術は同じです。表生地をかたくさせずに冷感持続性を持たせたタイプで、ひんやり感も強めなので、ひんやり重視の方にかなりおすすめの逸品です。

表生地は、ポリエチレンとナイロンでできた195g/㎡の冷感生地です。熱移動を早める王道タイプの冷感生地で、強めのひんやり感となります。もちもち生地ではなくかための肌触りになります。

中の構造は複雑です。新しい技術があるため細かくは書きません。中わた部分は135g/㎡になり少しすくなめになります。機能わたに「防ダニ」「速乾繊維」が使われています。

裏地は平メッシュ生地の110g/㎡です。ヘムは高級感のあるチンチラです。バンドは普通ゴムに比べて固定力の強い強化ゴムの白です。若干長さは短めです。

この商品は、「冷感持続性」が特徴的な商品です。表生地のスペックも良いので「ひんやり感」もあります。若干かための使用感ですが、ひんやり重視の方にはおすすめです。ひんやり感は最上位クラスの筈です。

【コーナンひんやり敷パッドの総評】

似鳥さんが社外取締役になられたからか、進化のスピードがアップしていると感じます。しかし、ニトリとは異なる技術や発想がありとても面白い商品を販売しているとも感じます。3,278円と4,378円は異なる個性がある商品で、どちらも優れています。同じひんやり敷パッドなのにベクトルが違うのも面白いところといえます。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

イトーヨーカドー ひんやり敷パッド

【イトーヨーカドー BODYCOOLER nishikawaひんやり敷パッド 3,289円】

この商品の一番の特徴は、表生地の機能です。ファブリーズ消臭はP&Gの消臭基準をクリアした製品を意味しています。この表生地には裏付けがある消臭機能があるということになります。

表生地は、ナイロン100%の170g/㎡です。一般的な生地の厚みですが、このナイロン100%生地は冷感値の数字が高く出やすい生地です。触った感じも「少し強めのひんやり感」があります。「消臭」「抗菌」の薬剤加工がされていて夏場には安心感がありますね。糸が少し太番手のようでザックリ感を若干感じます。ナイロン100%でありがちなペタ付き感は感じないでしょう。

中ワタは、70g/㎡と最低限レベルの量になっています。夏場なので中ワタの量はあまり必要ないという判断なのでしょう。ベッドや敷布団側の柔らかさに左右される程度のワタ量といえます。

裏地は、3Dメッシュ生地の110g/㎡です。この目付でも厚みは2mmぐらいあります。通気性は確保されています。

ヘムは高級感のあるチンチラです。西川株式会社とのダブルチョップということが理由か、ヘムの運針数が6で、他社よりも運針数が1多いです。簡単に言うとミシンの針間隔が狭くしっかり縫製されているということです。こういうところは流石ですよね。バンドは強化ゴムで固定力が強く、厚みのあるベッドマットレスにも対応しています。

この商品はなんといっても表生地の機能性が売りの商品です。生地が持つ「消臭」「抗菌」機能がP&Gの裏付けがあります。そもそも「消臭」や「抗菌」は表示するための基準があり、各社の表示には裏付けがあります。ファブリーズのブランドが付くわけですから、その基準よりも厳しいということなのでしょう。

【イトーヨーカドー BODYCOOLER nishikawaもっとひんやり敷パッド4,389円】

この商品の一番の特徴は、表生地の強い「ひんやり感」です。かなり厚めの冷感生地を使っており、少しの持続性も感じるくらいです。またファブリーズ消臭はP&Gの消臭基準をクリアした製品を意味しています。この表生地には裏付けがある消臭機能があるということになります。

表生地は、ナイロン、ポリエチレン、ポリエステルを組み合わせた複雑な組成で、230g/㎡とかなり厚めの冷感生地を使っています。単純には言えませんが、厚みのある冷感生地の方が「ひんやり感」も強いですし、表示するための根拠づけは難しいですが少しの「冷感持続性」も感じられるようになります。サラッと感もあり使用感はとても良いでしょう。ここに「消臭」「抗菌」「吸汗速乾」機能があり、表生地のスペックはかなり高いといえます。リバーシブルではない片面型ですから、表面に集中されているような感じがします。

中ワタは、70g/㎡と最低限レベルの量になっています。夏場なので中ワタの量はあまり必要ないという判断なのでしょう。ベッドや敷布団側の柔らかさに左右される程度のわた量といえます。

裏地は、130g/㎡の3Dメッシュです。3,289円とはスペックを変えていますね。クッション性を感じます。中わたが少ない分をカバーしてくれている印象です。この目付であればベッドや敷布団との間に空気層ができて通気性を確保してくれるはずです。

ヘムは高級感のあるチンチラです。西川株式会社とのダブルチョップということが理由か、ヘムの運針数が6で、他社よりも運針数が1多いです。簡単に言うとミシンの針間隔が狭くしっかり縫製されているということです。こういうところは流石ですよね。バンドは強化ゴムで固定力が強く、厚みのあるベッドマットレスにも対応しています。

この商品はとにかく表生地のスペックが高く、強い「ひんやり感」と数々の機能が表生地に加工されています。こういう片面仕様が一番お客様のための機能を詰め込めるような気がします。

【採点について】

正確な温度を設定できる熱源装置を導入したことで、検査項目、検査方法を見直しております。これに合わせて配点が変更となり、当初の簡易設備での評価点と数字が入れ替わっております。今後も精度向上のために再試験した場合、評価方法や採点結果を予告なく修正する場合があります。ご理解ください。

9社分のひんやり敷パッド途中経過ランキング

4月30日段階で、ひんやり敷パッドの購入商品の分解も9社分が完了しました。現在は、ニトリ、DCM、東京インテリア、イオン、サンキ、しまむら、ドン・キホーテ、ミスターマックス、トライアルの購入商品を分解して調査済みとなっています。調査商品数が増えてきたことで、おすすめ商品が見えてきました。また、既に購入済みで分解していない集計前商品は、イトーヨーカドー、コーナン、カインズ、ロイヤルホームセンター、ジョイフル本田の商品です。

【最強商品ランキング】

「最強商品ランキング」はNANIKAUが購入した商品の中から、NANIKAU基準で試験した結果の点数が高い高品質商品をランキングしています。販売価格は得点に関係ありません。またNANIKAUではデザインは採点しておりません。最強商品ランキングは9社分28商品を集計した時点で、平均点は50点となっています。加点方式での採点のため、60点を超えると良い得点、65点を超えると高得点と考えています。70点以上は超高得点です。

しまむらの商品がガツンと上位を独占しました。これらのしまむらの商品は機能面が優秀で、冷感面も上位にでてきます。しまむらにはもうちょっと安い価格の商品もありますが、この2,970円シリーズがおすすめです!次にニトリの商品が上位にきますが、採点に含まれていないデザイン性なども優秀です。個人的にはNクールWスーパーの冷感持続性は快適に感じます。同様にイオンのアイスコールドも冷感持続性が秀逸です。

1位商品は、ひんやり感がかなり強い商品です。裏地も肉厚の3Dメッシュになっていて、片面仕様になっています。冷感面に特化していて、ひんやり感と通気性を実現しています。冷感面には「制菌」「吸水速乾」の加工がされています。さらに、中わたには「消臭」「防ダニ」の機能わたが使われています。申し分のないスペックです。固わたと呼ばれる芯材のような中わたも使われていて、コシのあるクッション性があります。

2位商品も、ひんやり感がかなり強い商品です。この商品はリバーシブル仕様になっていて、裏面のタオル地もしっかりしています。早い時期から使い始めができるのがうれしいですね。冷感面には「制菌」「吸水速乾」加工がされており、タオル地面には「抗菌防臭」加工がされています。中わたには「消臭」「防ダニ」の機能わたが使われています。機能のデパートといったレベルで機能が多いですね。

3位商品は、ひんやり感が強めでクッション性や機能性のバランスがよい商品です。裏地は肉厚の3Dメッシュになっていて、片面仕様になっています。冷感面に特化していて、ひんやり感と通気性を実現しています。冷感面には「制菌」「吸水速乾」の加工がされています。さらに、中わたには「消臭」「防ダニ」の機能わたが使われています。申し分のないスペックです。1位のかためとは異なり、中に芯材がなく全体的にやわらかい使用感になっています。

4位商品は、「ひんやり感」「冷感持続性」が秀逸の商品です。冷感持続性を高める工夫のある商品はわずかしかありませんので、「冷感持続性」を体感したいのならばこの商品がおすすめです。

5位商品は、「消臭」「制菌」などの安心機能に加えて、吸放湿わたを使うなどして蒸れにくさも改善している商品です。バランスの良さでランクインです。

【コスパ最高ランキング】

「コスパ最高ランキング」は、販売価格を配点に30点満点で加えたものです。コストパフォーマンス、いわゆる「コスパ」のランキングということになります。高品質の商品は販売価格が高くなりがちです。購入金額とバランスがとれている商品はどの商品なのかをランキングにしています。9社分28商品の平均点は68点です。70点を超えると良い得点、75点を超えると高得点と考えています。

しまむらの2,970円シリーズは最強商品ランキングの上位3商品なので当然コスパも上位です。物流、オペレーション、販促費など色々な努力の結果、この価格で販売できているのだと思います。しまむらのハンガー陳列は、実は中わた量の制限がない陳列方法でもあります。陳列方法によって品質の制限を受けることがないので、このような品質を実現しているのかもしれません。次に、ニトリのNクール1,990円、サンキのクリーンアイス2,189円にも注目したいと思います。安くても良い品とは、このような商品だと感じます。

1位商品は、文句なしのこの商品です。片面特化型のひんやり敷パッドで、そもそもスペックが高いにも関わらず、販売価格は2,970円です。「ひんやり感」も強く、「制菌」「吸水速乾」加工のある冷感生地。「消臭」「防ダニ」機能わたの入った中わた。裏地は肉厚の3Dメッシュで通気性抜群なうえにクッション性も高めています。敷布団に多いシングルロングサイズにも対応しており、かなり満足度の高い商品です。

2位商品は、1位と同じシリーズのリバーシブル版です。表面の「ひんやり感」も強く、「制菌」「吸水速乾」加工のある冷感生地。「消臭」「防ダニ」機能わたの入った中わた。リバーシブル裏面はしっかりとしたタオル地です。タオル地面には「抗菌防臭」加工がされています。リバーシブルなので早い時期からの使い始めも可能でうれしいですね。敷布団に多いシングルロングサイズにも対応しています。

3位商品も1位2位と同じシリーズの商品ですが、若干スペックが違います。表生地をやわらかくするために若干だけ生地を薄くしてひんやり感を下げています。それでも十分なひんやり感です。「制菌」「吸水速乾」加工のある冷感生地。「消臭」「防ダニ」機能わたの入った中わた。裏地は肉厚の3Dメッシュで通気性抜群なうえにクッション性も高めています。片面特化型の良さが表面のやわらかいクッション性にでています。敷布団に多いシングルロングサイズにも対応しており、満足度の高い商品です。

4位商品は、機能性の高さとクッション性の良さに特徴があります。中わたの量が多くクッション性があります。また冷感面には「制菌」加工。中わたには効果の高い「3大消臭」機能わたが使われています。

5位商品は、「ひんやり感」と「冷感持続性」に特徴をもった商品です。ひんやり感を重視して商品を選ぶならおすすめの商品です。冷感面に「制菌」加工、中わたに「消臭」「防ダニ」機能わたなど機能性の高さも注目です。

【絶対冷感ランキング】

このランキングは、「ひんやり感」「冷感持続性・回復性」だけに絞ってランキングにしたものです。この2項目の配点は50点のため、わかりやすく点数を2倍にして100点満点に置き換えて表示します。9社分28商品の平均点は59点です。70点を超えると良い得点、75点を超えると高得点と考えています。

1位2位は小数点以下の差です。ニトリNクールWスーパーも、イオンアイスコールドも、冷感持続性が秀逸です。冷感持続性を持たせるための工夫があります。冷感持続性といっても10秒後の温度状況を計測しています。この2商品の冷感持続性が現時点のひんやり敷パッドの限界レベルだと思います。5位のイオンクール&パイルも冷感持続性の工夫がある商品です。強いひんやり感というよりは冷感持続性が特徴なので、あまり強くないひんやり感を望まれる方にもおすすめです。現状、冷感持続性に一定の工夫をしているのは、ニトリ、イオン、コメリの商品だけだと思われます。

1位商品は、「ひんやり感」「冷感持続性」に優れた商品です。特に「冷感持続性」については、PCMシートと呼ばれる特殊機能シートを中に入れることで、その冷感持続性を高めています。冷感持続性に工夫をしている商品の筆頭がニトリのNクールWスーパーです。このシートは冷感生地のすぐ下にくるので、冷感面が少しかたい印象になっています。ただ、現状の冷感持続性を高める技術としては1番手だと思われます。ひんやり感を求める方にはおすすめの逸品です。

2位商品も「ひんやり感」「冷感持続性」に優れた商品です。小数点以下の僅差でした。特に「冷感持続性」についてはニトリとは異なる技術で高めており、冷感面をかたくしないメリットがあります。ただ残念なのは中わた量が少ないので結果としてかための印象になってしまっています。この商品は片面特化型の商品なので、裏面は3Dメッシュになっており通気性を高めてくれています。リバーシブルの使い方をしないのであれば、ひんやり重視の方にとっては最高レベルの品質といえるでしょう。

3位商品は、「ひんやり感」が絶対的なレベルの商品です。冷感持続性の工夫はないものの、冷感生地が極厚なので持続性を感じることができます。この商品も片面特化型で裏面は肉厚の3Dメッシュです。この商品は中わたの一部に固わたとよばれる芯材を入れており、コシのあるクッション性を感じることができます。

4位商品は、3位と同じシリーズのリバーシブル版の商品です。冷感面は絶対的なレベルの「ひんやり感」です。かためじゃない方がいいという方はこちらのバージョンの方がおすすめです。同シリーズの裏メッシュやわらかめは、ほんの若干だけひんやり感が下がります。絶対的なレベルの「ひんやり感」でやわらかめを体感するならば、個人的にはこの商品をおすすめします。

5位商品は、「冷感持続性」を高めた商品です。冒頭にも書いた通り、「冷感持続性」に工夫をした商品は少ないのです。この商品も工夫を施した商品で、若干2位のイオンアイスコールドとは仕様を変えています。「ひんやり感」はそれなりに強めというレベルですが、「冷感持続性」が高まると使用感自体が高まります。

【※今年は「買い」の年だと思います。】

未来のことはわかりませんが、今年の夏は買い替え時期としてはおすすめです。背景にあるは、「為替」と「原料高」です。2022年の夏物について、商談開始は各社5月から7月のスタートでしょう。この5月から7月の商談時の為替と原料の状況が2022年夏の命運を決めます。現段階で、中国元と米ドルのレートは2021年夏の見積もり時期から7%程度の元高になっています。中国はアフターコロナの状況で高度成長を続けていますから当然です。日本円と米ドルの相場はそこまで変動していませんが、少なくとも2022年夏の品質はこの7%分下がる可能性があります。さらにコロナショックで原油高が最安値まで下がっていましたが、今はかなり回復してきています。中国国内では投機的にポリエステルの価格が上がり、その上げ幅は15%程度となっています。つまり、簡単にいうと現段階では2022年夏は、7%+15%で合計22%の値上がり要因があります。値段は上げられないでしょうから、その分品質が下がるでしょう。この後どうなるか未来のことはわかりませんが、買い替えは今年がいいのではないでしょうか。今回のランキングとは別の話になりますが、2021年冬が「買い」の分かれ目です。商談が早かった企業と遅かった企業で結果が割れている筈です。まあ、「頑張る」企業もあると思いますが。大手チェーンから独立した今の私は完全に消費者側の立場におりますので、今後も情報発信していきます。